35歳以上はフリーターとは呼ばない?35歳を過ぎると正社員への転職が難しい理由・対策を解説

転職

「いま、どんな仕事してるの?」「僕、いまはフリーターなんだ」

「そうなんだ。35歳以上ともなると転職が難しいでしょう?」「ホントに困ってる…」

こんな会話が日常的に行われていると思います。

35歳以上でフリーターだと、周囲の目が気になりますし、将来への不安が尽きないですよね。

35歳以上でフリーターとなると正社員への転職が難しくなります。

この記事では、なぜ35歳以上のフリーターは転職活動が大変なのか、35歳以上のフリーターが正社員として転職するにはどうしたら良いかについて解説します。

35歳以上はフリーターではない

フリーターと一口に言っても、厚生労働省の定義では35歳以上の労働者をフリーターとは呼びません。

厚生労働省では、フリーターを以下の通りに定義しています(若年者雇用に関する参考資料)。

フリーターの定義は、15~34歳で、男性は卒業者、女性は卒業者で未婚の者のうち、以下の者の合計。
1 雇用者のうち「パート・アルバイト」の者
2 完全失業者のうち探している仕事の形態が「パート・アルバイト」の者
3 非労働力人口で、家事も通学もしていない「その他」の者のうち、
就業内定しておらず、希望する仕事の形態が「パート・アルバイト」の者

 厚生労働省の定義では、フリーターは15~34さまでの若年労働者に対する呼称なのですね。

35歳以上の労働者については、単に非正規労働者と呼んだり、中年フリーターと呼んだりします。

フリーターを続けることの危険性

35歳以上でフリーターになった人には、様々な事情があるでしょう。

  • 新卒で正社員になれなかった
  • 正社員として働いていたが、離職後に正社員になれなかった
  • 目標を達成したかった
  • そもそも自由な働き方がしたかった

事情はどうあれ35歳以上でフリーターを続けるとどうなるでしょうか?

フリーターを続けることの危険性を4つ紹介します。

年齢は高くなるのに収入が上がらない

一般的に年齢が高くなれば必要なお金も増えていきます。

  • 子どもの教育費がかかる
  • 親の介護費用がかかる
  • 自分や配偶者の治療代がかかる
  • 老後資金を貯めておく必要がある

年功序列型賃金制度を採用している日本企業において、正社員は年齢が高くなるごとに年収が上がるので、お金が必要になっても対応することができます。

しかしフリーターは年功序列ではありません。

ですから、35歳以上になってもフリーターの年収は増えません。

「一般的に年齢が高くなれば必要なお金も増えていく」のですが、フリーターは年齢が高くなっても年収が増えないので、お金が出ていく一方になるのです。

お金を頼れる親がいれば良いのですが、親がいなければ友人・知人を頼るか、借金する他に選択肢がなくなるのです。

正社員よりも休みにくい

正社員よりも休みにくいのがフリーターです。

フリーターにも有給休暇はありますが、正社員よりも取りづらいのが現状です。

なぜ取りづらいのかというと、定年までの雇用が守られている正社員と違って、フリーターは有期雇用だからです。


有期雇用だと「休んだら現場に迷惑がかかるよな」「迷惑をかけたことで契約を更新してもらえなかったらどうしよう」と悩んでしまうのです。

悩んだ結果、休みにくくなります。

しかし、35歳以上になると、年を重ねるごとに病気に罹りやすくなりますよね。

病気なのに休めない状態が続いたり、休んだことで雇用契約を更新されなかったりすれば、フリーターを続けることで命の危険にさらされることになります。

将来もらえる年金が少なくなる

フリーターは年齢が高くなっても年収が上がらないので、将来もらえる年金は少ないです。

厚生年金に加入していれば、国民年金の上乗せ部分をもらえることになりますが、それでも、低い年収であれば、もらえる年金も少なくなるわけです。

老後資金を貯めようにも、低い年収ですから貯金もままなりません。

ということは、年金をもらえるような年齢になっても、フリーターを続けることになりかねません!

家庭を持てなくなる

「あの人と結婚したいなあ」と思うことは、どんな人間でも考えることです。

しかし、フリーターである以上、家庭を持つのは難しくなります。

年収が安く、これからも年収が上がる見込みがなく、しかも雇用が不安定なフリーターでは、相手が結婚に二の足を踏むでしょう。

もちろん女性フリーターであっても、家庭を持つのは難しいです。

専業主婦よりも共働きが多い現代では、女性も男性も同様に働くことが標準です。

しかし女性もフリーターであれば、男性の方でも将来の家計に不安を感じて「正社員の女性が良いかな」と思ってしまいます。

男女ともに、フリーターであることで家庭を持つのが難しくなるわけです。

35歳を過ぎると転職が難しくなる理由

35歳以上になってもフリーターを続けることの危険性について見てきました。

それでは、35歳以上のフリーターは正社員として転職できるのでしょうか?

転職できないことはありませんが、転職へのハードルは高いです。

35歳を過ぎると正社員への転職が難しくなる理由について解説します。

求人の年齢制限が「35歳まで」が多い

求人の年齢制限が「35歳まで」とされるケースが多いので、35歳を過ぎると転職が難しくなります。

日本では雇用対策法により、年齢に関わりなく雇用する機会を設けることがルール化されています。

基本的には、どの企業の求人も年齢制限を設けていないのです。

一方で、「35歳未満(長期勤務によるキャリア形成をはかるため)」という求人を見ることがあるのはなぜでしょうか?

これはつまり、例外的に年齢制限が認められているケースです。

雇用対策法施行規則によって、長期的なキャリア形成を目的とする場合に限って年齢制限を認めているわけです。

ですから、長期的なキャリア形成を目指す企業においては、求人の年齢制限を「35歳未満」とします。

正社員としての経験が少ない35歳以上のフリーターは、長期的なキャリア形成を目指した年齢制限のために転職が難しくなります。

年上の後輩や部下は扱いにくい

年上の後輩や部下は扱いにくいと企業が考えるため、35歳以上フリーターは転職が難しくなります。

いくら年齢を重ねても、フリーターの経験を評価する企業は多くありません。

そのため、35歳以上でフリーターから正社員に転職すると若手社員から仕事を教わることになります。

また、若くして管理者に昇進した人は、35歳以上の部下を持つことになります。

そのため、35歳以上のフリーターは正社員への転職が難しくなるわけです。

年齢に見合った賃金を払えない

35歳以上の年齢に見合った賃金を払えないことも、35歳以上フリーターの転職が難しくなる理由です。

年功序列的賃金制度が残る日本企業においては、年齢が高くなれば賃金が高くなる傾向にあります。

ですから、30歳よりは35歳、35歳よりは40歳の賃金が高くなる仕組みです。

年齢が高くなれば賃金が高くなる給与を年齢給と言います。

年齢給を35歳以上のフリーターにあてはめれば、能力や成果の有無にかかわらず若い世代より高い賃金を払うことになります。

それでは社員間に不公平感が漂うでしょうし、人材育成の観点からも望ましくないでしょう。

いくら年功序列的賃金制度を採用しているからといって、能力や成果に関係なく、高い賃金を払うわけにはいかないからですね。

年功序列的賃金制度が残るために、35歳以上のフリーターは正社員に転職しづらくなっています。

フリーターが正社員になるにはどうしたら良いのか

35歳以上のフリーターは、どうすれば正社員へ転職することができるのでしょうか?

35歳以上のフリーターが正社員に転職するための方法を3つ確認します。

  1. フリーターでも転職しやすい業界を探す
  2. アルバイト経験を活かせる企業を探す
  3. 転職エージェントに相談する

35歳以上のフリーターでも転職しやすい業界を探す

35歳以上のフリーターが正社員に転職するには、転職しやすい業界を探すことが良いです。

35歳以上のフリーターでも転職しやすい業界を探すために、次のポイントで探しましょう。

  • 未経験可の業界
  • 人気がない業界
  • 人手が足りない業界

未経験可の業界には、成果報酬型の営業、警備スタッフ、ドライバーの仕事があります。

例えば成果報酬型の営業の仕事はノルマがキツいですが、反面、実力さえ出せば高い報酬が狙える仕事です。

成果報酬型の営業は知的な仕事です。

そのためコミュニケーション力の他にプレゼンテーション、リサーチ力などが求められますが、営業なら未経験でもホワイトカラーになれるチャンスです。

警備スタッフやドライバーの仕事は、ルーティン作業ですが、ノルマがないので働きやすい仕事です。

人気がない業界も35歳以上のフリーターでも転職しやすい業界です。

例えば土木・建築現場作業員は、いわゆる3Kと呼ばれる仕事なので人気がありません。

休日が少ない場合がありますが、作業員は土木・建築現場監督ではないので、定時になれば帰宅できますから、生活のリズムを取りやすいです。

人手が足りない業界も35歳以上のフリーターが転職しやすい業界です。

例えば介護職は資格・学歴がなくても働けるので狙い目と言えます。

アルバイト経験を活かせる企業を探す

35歳以上のフリーターが正社員に転職するには、転職しやすい業界に続いて、アルバイト経験を活かせる企業を探すことも検討して下さい。

居酒屋・ファミリーレストランなどの飲食サービス業でアルバイトをした経験は、正社員に転職する際にも役立ちます。

コミュニケーション力、ビジネスマナーの他、店舗の客単価を上げる方法や店舗の回転率の高め方への知見がある人は、飲食サービス業の正社員になれるチャンスがあります。

転職エージェントに相談する

35歳以上のフリーターであっても、「フリーターでも転職しやすい業界」「アルバイト経験を活かせる企業」を探すことで、正社員に転職することができます。

ただ、同じことを考えるフリーターがいれば、それだけ競争も激しくなりますよね。

そこで、35歳以上のフリーターの転職に強い転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは、フリーターの正社員転職への知見があります。

行きたい業界・企業を見つけたら転職エージェントに相談し、書類作成や面接方法について教えてもらいましょう。

転職エージェントは求人企業の成功報酬でビジネスを成り立たせているため、フリーターの皆さんの手数料は無料です。

分からないこと、知りたいことをどんどん相談して、是非正社員への転職を勝ち取りましょう。

まとめ

35歳以上のフリーターは、正社員への転職が難しくなります。

できるだけ35歳未満で正社員に転職することをおすすめします。

しかし、35歳以上のフリーターであっても、「フリーターでも転職しやすい業界」「アルバイト経験を活かせる企業」を探すことで、正社員に転職することが可能です。

Follow me!