「会社に行きたくない!」ときは我慢せずに休もう!原因・対策を解説

アイキャッチ画像 転職

朝起きたら「会社に行きたくない!」と思うことってありますよね。二日酔い・プレゼンがある・面倒な仕事が待っているなど、社会人であれば誰でも今日は行きたくないと思う日があるものです。いくら行きたくないと思っても、時間が過ぎ去れば気持ちが落ち着きます。例えばプレゼンがあるから行きたくないと思っても、プレゼンさえ終われば行けるようになりますから。しかし、毎日毎日、「会社に行きたくない!」という気持ちが続くようだと危険です。

「会社に行きたくない!」気持ちが続くときは我慢せずに思い切って休んでしまいましょう。2、3日間休んだところで仕事が回らなくなるわけではありません。むしろ我慢して出勤を続けていくと、心の病気にかかってしまうこともありますよ。この記事では、会社に行きたくない理由、対策について解説していきます。

会社に行きたくない気持ちには2種類ある

見出し画像

会社に行きたくない気持ちと一口に言っても、2種類あります。

  • 普段は普通に出社しているが、今日は会社に行きたくない
  • 毎日、会社に行きたくないと思っている

普段は出社しているけれど、今日は会社に行きたくないことってありますよね。

そんなときは、行きたくない理由が過ぎれば、翌日は行けるようになるものです。

問題は2つ目の理由で、「毎日、会社に行きたくないと思っている」ことです。

それぞれの理由を見ていきましょう。

普段は普通に出社しているが、今日は会社に行きたくない

普段は「よし、がんばろう」と思って起きられるのに、「今日は行きたくないなぁ」と思いながら起きる日があります。

例えば、嫌な仕事があるとか、プレゼンがあって緊張するとかいった理由で、行きたくなくなるのです。

あるいは飲み過ぎた日の翌日は、二日酔いで行きたくなくなるでしょう。

でも、嫌な仕事にしても、プレゼンにしても、終わってしまえば気持ちが楽になりますよね。

私も、コンサルタントとして、生まれて初めて受講生の前に立って研修した日の朝は「行きたくねぇぇぇっ!」ってなりましたもん。

でも、そんな日も、「終わったらビールが美味しいかも」とか思って出社して、終わってみるとホントにビールが美味かったりします。

喉元過ぎれば熱さを忘れる感じで、嫌なことが過ぎれば、「会社に行きたくない」気持ちもなくなっていくのです。

毎日、会社に行きたくないと思っている

今日だけではなく、毎日、会社に行きたくないと思っている状態が続くと、しんどいですね。

  • 仕事が合わない
  • 人間関係がキツイ
  • ノルマが激しい
  • 仕事量が半端ない

何でも良いんですけれど、慢性的に行きたくない気持ちが続いちゃうと、限界です。

私もブラック企業の人事部で働いていたことがあるんですけれど、もうね、行きたくなくて行きたくなくて仕方なかったですね。

社長が怒鳴りまくる会社で、「ヤマザキィッ!!!!採用どうなってんだこの野郎!」って毎日行ってくるんですよね。

いや、怒鳴ったって何も解決しねーからって思ってましたけど(笑)

慢性的に行きたくない気持ちが続いたときは、モチベーションはだだ下がり、そして元に戻ることは少ないです。

「会社に行きたくない」原因って何?

本を読め

それにしても、何で会社に行きたくないと思うようになるんですかね?

会社に行きたくないと思うことの原因を以下の5つで見ていきたいと思います。

1.と2.の原因は一時的に会社に行きたくないと思うことの原因ですが、3.以降は慢性的に行きたくないと思うことの原因になります。

  1. 休み明けで行きたくない
  2. 今日は嫌な仕事がある
  3. 仕事の量が多い
  4. 人間関係が悪い
  5. そもそもモチベーションが湧かない

休み明けで行きたくない

土日休み明けの月曜日って会社に行きたくないですよね~。

学生の方々もそうだと思うんですけれど、社会人はもっと行きたくないですよ。

電車に揺られてえっちらおっちら、そして出社するといつものメンバーがいて、9時から17時まで退屈な仕事をする…

うわぁぁっ!

考えただけで嫌だっ!

って思うと思います。

でも、皆そうですよ。

GW明け、年末年始休暇明け、嫌ですよ。

行きたくないですよ。

でも、この気持ちは一時的なものなので、意外と出社しちゃうと慣れてきたりします。

今日は嫌な仕事がある

今日は嫌な仕事がある…。

嫌ですね笑

会社に行きたくないですね。

私も建設業人事をやっていたときにね、人事制度を新たに改定することになったことがあったんですよ。

そのとき、役員の前で説明しなくてはならなかった。

平社員の身で、ですよ?

「課長さん助けて下さいよぉ~」って言ったんですが「ヤマザキくんのためだから」って。

「オマエ、役員に色々聞かれたくねぇからだろぉ!!」って思いましたけどね。

でも、確かに相当に準備した上で、緊張しながらプレゼンして、鋭い質問攻撃に合う経験は糧になりましたけれど。

そして、プレゼンが終わってみると、スッキリして、翌日からの出社は全然、嫌じゃなくなりました。

やっぱり一時的なものであれば、そんなに苦でもないわけですね。

仕事の量が多い

常に仕事の量が多い状態が続くと、会社に行きたくない気持ちがずっと続いていきます。

今日、終わっても、明日も続くと思うと出社への気持ちが萎えてきますね。

毎日、22時まで残業する生活を続けていたら、キツイですね。

その分、給料がもらえるっていうことならもしかしたら続くかもしれない。

でも、給料ってそこまで強い動機づけにはならないんですよ。

なぜなら、いくら年収1,000万円もらったって、四六時中仕事をして休みもなかったら「何のために私は働いているんだろう?」って思うじゃないですか。

そして、過労死ラインは時間外労働時間が80時間と言われていますが、毎月過労死ラインを超えて残業していたら脳心疾患を引き起こす可能性だってあります。

毎月仕事量が多いことが続くと、「会社に行きたくない」気持ちがずっと続くことになります。

人間関係が悪い

人間関係が悪い。

これは非常に辛い。

私もブラック企業に勤めていたときは毎日社長に怒鳴られ、酷いときには灰皿を投げられましたが、出社する気力をなくしましたね。

独身ならドロップアウトするんでしょうが、既婚者で子どももいたんで、がんばらなくちゃと思っちゃったんです。

これがねぇ…危険な状態ですよ。

毎日、怒鳴られている心理状態でがんばらなくちゃって、がんばれるわけがないんですよね。

私は防衛本能が働いたので、スイッチを切り替えて転職の道を歩んだので今の仕事に就けていますが…、もしあのまま「がんばらくちゃ」って思って働いていたらうつ病を発症していたかもしれません。

そして、最悪、自殺に追い込まれたかもしれない。

人間関係が悪い状態は簡単に治らないので辛いです。

そもそもモチベーションが湧かない

そもそもモチベーションが湧かない。

モチベーションが続かない仕事はやはり長続きしないものです。

例えば、「マーケティングの仕事がしたいなあ」と思っている人が営業をやっていたら、毎日、モチベーションが湧かないわけですよね。

 人事異動でマーケティングに行ければ良いですが、その可能性もないとすれば、毎日、何のために仕事をしているのか?と不安になるわけです。

「お金をもらうために働いているんだ」と自分を殺して生きていければ良いかもしれませんが…、結局、人間は機械ではないので朝起きると「行きたくない気持ち」がずっと続いてしまうのです。

「会社に行きたくない!」ときに絶対やってはいけないこと

一時的に会社に行きたくないときは、時が過ぎれば会社に行きたくない気持ちもなくなります。

問題は、慢性的に「会社に行きたくない」気持ちが続くとき。

このときに、絶対にやってはいけないことがありますので、見ていきましょう。

  1. 無断欠勤する
  2. 即日退職する
  3. 無理やり仕事にやりがいを見つける
  4. 自分の気持ちを抑圧する

無断欠勤する

会社に行きたくない気持ちがあるときは、有給休暇を取得してリフレッシュしましょう!

ただ、いくら出勤したくないからといって、無断欠勤はダメです。

会社によっては、就業規則に無断欠勤した場合は懲戒の対象にすると定めていることも。

いきなり解雇されることはありませんが、上司から口頭で注意されたり、反省文を書かされたり、職場の雰囲気が悪くなりますので避けて下さい。

ただでさえ行きたくない気持ちがあるのに、上司から怒られたくないですよね。

なので、「今日は休みます」と言って休んで下さい。

あるいは、前もって「明日、行きたくないわ」と思ったら、前日に「休みます」と上司に言いましょう。

即日退職する

即日退職、これも絶対にやってはいけないことですね。

即日退職の何がいけないのか?

それは、転職先を決めずに辞めるからです。

明日からの仕事、どうするんですか?

自己都合退職ですから、失業保険給付には、1週間の待機期間後、3か月の給付制限期間があります。

しかも、失業中に転職活動すると「早く転職先を決めたい」という心理が働いて、転職先を安易に決めがちになりますよ。

そして、転職先の企業もあなたを失業者だと思って安く見積もるかもしれません。

会社に行きたくないときは、有給休暇を取得しましょう。

日本の労働者は有給休暇を取らなすぎです。

エクスペディアの調査によると日本の有給休暇取得率は、OECD加盟国中最低で、50%しか取得できていません。

有給休暇取得率3年連続最下位に!有給休暇国際比較調査2018│エクスペディア
日本人の有給休暇の消化率を世界と比較すると、3年連続の最下位。日本人は世界一真面目!?日本人が休みを取らない理由とは?有給休暇国際比較調査2018。有給休暇に関する世界19カ国と比較して様々な実態が浮き彫りに。エクスペディア調べ。

つまり、20日間の有給休暇中、10日間しか取得できていないっていうこと。

即日退職なんてバカらしいことは止めて、有給休暇を取りつつ、転職活動をしたら良いじゃないですか。

無理やり仕事にやりがいを見つける

無理やり仕事にやりがいを見つけるのも、やってはいけないことです。

例えば「マーケティングの仕事をしたい」のですから、営業ではダメなのです!

マーケティングの仕事に対して、自分なりに調べて、これなら自分でもやれそうだと思ったり、あるいはサイトを運営していて、集客するのをあーだこーだ考えたりするのが好きなので、マーケティングの仕事に就きたいと思っている。

そういう気持ちがあるなら、営業では満足できないわけです。

無理に仕事にやりがいを見つけようとすると、心を壊すことになりかねません。

自分の気持ちを抑圧する

自分の気持ちを抑圧するのも、やってはいけないことです。

人間関係の個所でも書きましたが、家族のためにがんばらくちゃと思っていると自分が壊れます。

「家族のために本気でがんばる」なら、休職したり、人間関係が悪い会社で働くのを辞めて転職したりする方がよほど家族のためになります。

自分の気持ちを抑圧して働いたところで、自分が壊れて脳心疾患になったらどうするのでしょうか?

再起不能になったり、最悪の場合、自殺に追い込まれたりしたらどうしますか?

休職や転職などを考えた方が賢明です。

会社に行きたくない気持ちを改善するための対策

慢性的に「会社に行きたくない」気持ちが続いているときは、どう対処したら良いでしょうか?

有給休暇を1日取ったところで、状況が改善されなければあまり効果はないでしょう。

以下のようなアプローチを取ってみてはいかがでしょうか?

  1. 休職する
  2. 信頼できる人に相談する
  3. 転職する

休職する

慢性的に「会社に行きたくない」気持ちが続いていたら、1日の有給休暇では改善されません。

そういうときは、思い切って休職するのもアリです。

会社には休職制度があると思いますので、人事部に聞いてみましょう。

注意点として、休職制度を設けることは、法律上、会社の義務ではありません。

そのため、休職制度がない会社もあるのでご注意下さい。

ただ、休職制度がないからといって休職させてもらえないわけではなく、個別に認めてもらえることがあります。

休職を認めてもらえない場合は、有給休暇を取得するしかありません。

信頼できる人に相談する

慢性的に「会社に行きたくない」気持ちが続いているときは、信頼できる人に相談してみましょう。

私がブラック企業に勤めていたときは、妻に相談しました。

彼女は私の話をよく聞いた上で、「辞めてしまえ」と言ってくれました。

どこかで私は、彼女から「辞めて良い」という一言をもらおうと思っていたことは確かですが、「辞めてしまえ」と言ってくれたことで心境が一変。

私自身が家計を守る立場だったこともあり、辞める前に転職活動しようと思うようになりました。

皆さんにとって、信頼できる人は誰でしょうか?

必ずしも、家族とは限らないですし、恋人や友人、ないしは行政の相談窓口の人とか、ネット上の知り合いかもしれません。

自分で気持ちを抱え込まずに信頼できる人に相談することで、気持ちが開かれることがありますよ。

転職する

慢性的に「会社に行きたくない」気持ちが続いていて、休職しても変わらなかった、あるいは休職しても変わらないだろうと思われるときは、転職することも検討します。

転職は「逃げること」ではありません。

自分のキャリアを考え、あるいは心身の健康を保つためにも転職せざるを得ないこともあるのです。

ただ、辞めてから転職することだけはできる限り避けて下さい。

転職エージェントに相談頂き、現状の悩みやこれからの仕事についてお話し頂くと、きっと道が開かれていくことでしょう。

まとめ

「会社に行きたくない」気持ちのときは、無理に会社に行く必要はないです。

思い切って休んでリフレッシュしてみましょう。

慢性的に「会社に行きたくない」気持ちが続いているときは、休職や信頼できる人への相談、あるいは転職を検討することも手段に入れて考えてみて下さい。

Follow me!