360度評価とは?メリット・デメリット、運用方法を紹介

社員を多面的に評価する360度評価が注目されています。360度評価なら社員からの納得性を高めることが可能です。 360度評価のメリット・デメリット、 運用方法を紹介します。

360度評価とは?

絶対評価記事画像

360度評価は多面評価とも呼ばれ、上司・同僚・部下などの複数の視点で評価できる仕組みです。従来の人事評価では、上司からの一方的な評価がスタンダードでした。しかし、360度評価なら複数の視点で評価されるため、社員の納得性を高めることができるのです。

リクルートマネジメントソリューションズの2020年度調査では、360度評価を導入している企業は31.4%に達していることが分かっています。

https://www.recruit-ms.co.jp/press/pressrelease/detail/0000000304/

なぜ360度評価が求められるのか?

アイキャッチ画像

リクルートマネジメントソリューションズの調査で、360度評価を導入する企業の割合が31.4%に達したことが分かりました。3割の企業が360度評価を導入しているのです。それでは、なぜ360度評価が求められるのでしょうか?

管理者の負担が大きいため

管理者の負担が大きくなっていることが挙げられます。忙しくなれば、それだけ人事評価をする余裕がなくなってしまいます。管理者がプレイングマネジャーと呼ばれて久しいです。マネジメントだけやっていれば良いのではなく、管理者は日常業務をこなさなくてはならないのです。マネジメントという重要な役割を担いつつ、日常業務をこなさなくてはならないのですから大変ですね。しかも職場は人手不足なので、部下に仕事を割り振ることもできません。

また、環境変化も管理者の負担を大きくします。環境変化が起きると既存の商品が売れなくなりますし、ビジネスモデルも転換期を迎えることがあるでしょう。ここでいっている環境変化はマクロ環境のこと。PEST分析でいわれているように、ビジネスは政治・経済・社会・技術の変化に影響を受けるのです。

環境変化によって、売れる商品は何か?新しいビジネスモデルは何か?と管理者は考える必要に迫られます。仕事の忙しさ、そして環境変化によって管理者の負担が大きくなり、人事評価をする余裕がなくなっているわけです。

テレワークが増えた

2020年に起こったパンデミック「新型コロナウイルス」。PESTでいえば社会の変化に値しますが、新型コロナウイルスによって通勤せずテレワークすることが当たり前となりました。結果、テレワークするビジネスパーソンが増えました。

テレワークが増えると通勤時間が減ります。しかし、良いことばかりではありません。特に管理者にとって、テレワークが増えれば、それだけ部下を観察する時間が減るということになります。

これまで目の前にいた部下が突然PCの中に消える…。

ホラーではありませんが(笑)、テレワークの実態ですよね。ZoomやTeamsを通じたやりとりが増えていく。仕事を指示して、チャットで部下から「完了」の報告が上がり、メールを見ると確かにアウトプットができている。間違っている点をチャットで上司が指示して、数分後、部下から「できました」とチャットが入る。そして、たまにZoomでビデオ会議を行う。

こんなやりとりのどこで、評価をするというのでしょうか?しかし、Withコロナ、そしてAfterコロナの働き方って部下を観察できないということですよね。ですから、管理者だけでなく、部下・後輩・あるいは他部署などといった多方面の視点で評価する360度評価が求められるのです。

360度評価のメリット

360度評価は上司・部下・同僚・後輩などの複数の関係者から評価してもらう仕組みです。上司からの一方通行ではなくなるので、客観的な評価ができるのがメリット。

管理者は日常業務をこなしつつマネジメントし、かつ、環境変化に対応しなくてはなりません。管理者はできる限り客観的に評価をしようとしますが、忙しいと主観に陥りがちとなります。360度評価なら客観的に評価することができます。

また、360度評価なら社員の納得性を高めることもできます。主観ではなく客観的に評価されるようになれば、自分の行動や実績をよく見てもらっていると感じ、社員は納得します。テレワークが増えたとしても、仕事に関わっている人から複数の視点で評価されるため、納得感が高まるのです。

納得性を高められれば、社員のエンゲージメントを高めることにも繋がるため、社員のやりがいや帰属意識の向上も期待できます。

360度評価のデメリット

360度評価のデメリットには上司が評価を厳しくできないということがあります。例えば上司自身が360評価されるとしましょう。上司は「部下から評価してもらいたい」という気持ちになりますよね。ですから、部下に厳しい評価をしたら、仕返しに、自分に対しても厳しい評価が下されるのではないか?と考えるわけです。そのため、上司が厳しい評価を下せないというリスクがあります。

そもそも、厳しい評価はなぜ必要なのでしょうか?きちんと行動した事実があれば、上司が厳しい評価を下しても何の問題もありません。むしろ、部下が「自分がとった行動は間違いだったのか」と気づけ、育成に繋がる可能性もあります。しかし、「仕返しに、自分に対しても厳しい評価が下されるのではないか?」と考えてしまうと厳しい評価がなくなってしまうのですね。

360度評価の運用方法

360度評価を運用するためのポイントを紹介します。

360度評価にはメリットもデメリットもあります。なぜ、360度評価を導入するのか、目的を明確にすることが大切です。自社にとって必要であるというニーズをつかみ、目的を明確化して下さい。人事評価が不公平で納得感に欠けていれば、目的は「公平で納得感の高い人事評価を目指すため」です。自社にとっての必要性を目的に落とし込んでみて下さい。

次に重要なポイントは、360度評価を賞与配分の根拠としないということです。360度評価のデメリットに「上司が評価を厳しくできない」というものがありましたよね。その理由は、「仕返しに、自分に対しても厳しい評価が下されるのではないか?」と考えてしまうということでした。仕返しというのは厳しい評価に対する仕返しです。

しかし、360度評価が賞与配分の根拠でなければ、厳しい評価も下せるわけです。もちろん、厳しい評価ができるのは上司も部下も同じです。

最後に、360度評価を導入するには研修もやる必要があります。360度評価は、日ごろ人事評価をやったことがない一般社員も評価をすることになります。ですから、人事評価のやり方について、全社員に教育する必要が出てきます。

まとめ

360度評価のイメージがついたでしょうか?360度評価とは、上司だけでなく、上司・部下・同僚などから多方面に評価してもらうことをいいます。複数の視点で評価されることで、客観性・納得性が担保されます。メリット・デメリットを考慮しつつ、導入の検討材料にしてみて下さい。

Follow me!