自分は採用担当に向いている!第二新卒で採用担当に転職できる人の適性とは?

2019年4月11日

第二新卒のみなさん、こんにちは!ヤマザキエリオです。今回は第二新卒で採用担当に転職したい人向けの記事を書いていきます。

採用担当に転職するには?知っておきたい採用担当の仕事

採用記事画像

新卒で就職したものの、「会社が合わなかった」「仕事が期待と違った」などの理由で第二新卒で転職活動に入ることもありますね。石の上にも3年といいますが、「そんなに待てないよ~!」という第二新卒の方は転職に向けて行動していると思います。

転職の候補を考えた時に挙がるのが採用担当という仕事。なぜかというと、新卒の時に何度も顔を合わせていた社会人が採用担当だからです。何度も顔を合わせることで、採用担当が身近に感じる訳です。

こんな採用担当のように働いてみたいなとか、目指すべき姿が見えてきたり、逆に反面教師で自分ならもっとこんな風にやれるとかイメージが出てきます。

このように身近に感じられる採用担当ですが、具体的にどんな仕事をしているか分かっていますか?学生と接する機会が多いだけに何となくこんな仕事をしているんじゃないか?という推測はできるでしょうが、推測だけだと転職には成功できません。

本記事では、採用担当の仕事について具体的に書いていきます。第二新卒が採用担当に転職するための適性について考えるための参考になれば幸いです!

採用担当に転職したい!採用担当の仕事のフローを紹介

採用記事画像

採用担当の仕事は、次のフローに沿って行われます。

1.採用計画を立てる

闇雲に採用活動を行っても欲しい人材は得られません。そもそも採用活動を行っても応募すら無いかもしれません。きちんと採用できるように、採用計画を立てるんです。

計画を立てるには、採用担当1人では立てられません。上司、経営層との意見のすり合わせが必要になります。ただし、採用計画の立案は経営層とのやりとりが発生しますから、第二新卒で採用担当になった場合は、採用計画に呼ばれないかもしれません。

毎年新卒採用・中途採用を行っている企業でも、経営層が求める人材像を明確にしておくべきです。経営層だけが人材像を知っていて、採用担当のあなたは人材像を把握していなかったということにならないよう、社内での情報共有はしっかりしておきましょう!

2.採用活動を進めるための手段を決める

採用計画を立てたら、採用活動を進めるための手段を決めます。どのような手段を用いて採用活動を行いますか?ということです。これまでずっと媒体(リクナビとかマイナビのような人材採用メディアのこと)を使っていたからといって、今回も媒体にするかどうかは別です。どんな手段を用いて採用活動するかは重要なポイントですね。

エージェントにするのか、やっぱり媒体にするのか、ダイレクトリクルーティングにするという手段もありますね。手段選定の決め手は、採用人数・採用の難易度・採用コストなどに分けて考えられると思います。

3.採用活動を実行する【書類選考】

計画・手段が決まったら、次は実行の段階です。この段階では、例えば媒体なら求人広告を出して応募者を募っていきます。応募があったら順次、書類選考を行います。この段階で、皆さんも採用担当と初めて接することになりましたよね。新卒の方はインターンで採用担当と会っているかもしれませんが。

採用担当は採用活動を通じて、応募者と会う機会がある訳です。応募者は当然、外部の人ですから失礼がないように接しなければなりません。SNSやウェブサイト、Twitterなどで情報が拡散する時代です。失礼な応対をして応募者が不愉快な思いを味わわないようにしたいものですね。

4.採用活動を実行する【面接】

書類選考を通過した応募者には面接の案内を出します。媒体やダイレクトリクルーティングなどの直接応募の場合、面接の日程調整も採用担当者の仕事になります。しかし、エージェントなら面接の案内も日程調整もしてくれます。

採用担当が面接官として出ることもありますが、第二新卒の場合は面接官としてよりは、面接までのアテンドがメインかもしれませんね。面接に参加したとしても面接中の内容をメモしておく程度に留まり、応募者に質問するような機会を得るにはもう少しキャリアを積む必要がありそうですね。

面接は1~3回程度行われます。新卒の場合は4回、5回と面接する場合があります。最後は、役員面接を経て内定を出すところまでが仕事です。

5.内定を承諾させる

内定を出したからといって、応募者がその企業に入社してくれるとは限りません。採用難の時代ですから内定の承諾が大変です。応募者の方でもいくつも企業に応募していますから、「貴社が第一優先です」などといっても、既に行きたい企業を決めていることが多いものです。

内定を承諾させたら、ようやく採用担当の仕事に区切りがつきます。

いかがでしょうか?採用担当の具体的な仕事のイメージがついたでしょうか?採用担当として転職したい人は、まずはフローから採用担当の仕事のイメージをつかんで下さいね。

採用担当に向いているかが分かるチェックリスト

採用記事画像

採用担当の具体的な仕事が分かったら、自分が採用担当としての適性があるかどうかをチェックしてみましょう!以下にチェックリストを用意しておきましたのでチェックしてみて下さい。4つありますが、2つ以上あてはまる人は採用担当としての資質があります。

1.他人とのコミュニケーションを嫌がらない

第二新卒なので、他人とのコミュニケーションを嫌がらない程度で十分。ただし、採用担当はバックオフィスといえども社外の人と関わります。SNSで会社の悪口を書かれたりするのは嫌ですよね?

なので、社外の人=応募者には気持ち良く対応して下さい。面接の結果、応募者が不採用になったとしても、採用担当の人は感じが良かったなと思えるようにして下さい。

でも、意外とこれができない人がいるんですよね。「私は面接官だ」といって横柄な態度を取ってしまう人が。それでは応募者から「感じが良い人だ」とは思ってもらえません。会社の顔としての態度に気をつけて下さい。

2.情報を収集し、読書することを嫌がらない

採用の情報は刻々と変わります。ですから、日経新聞などメディアの情報をしっかりと収集することが大切ですね。

あとは、最近だとダイレクトリクルーティングや、経営学者服部泰宏が著書で紹介した「採用革新」など新しい採用手法がありますので、それらに関して著書を読み漁るのも大切です。

ネットの情報を検索し、時には、しっかりと本を読み込んで、採用に関する思考をアップデートしておく必要があります。そういうことを嫌がらない姿勢が求められますね。

3.人を見る目を養おうと思えるか

採用ですから応募者を面接します。第二新卒は、入社早々に面接官を務める機会はないでしょう。でも、いずれはそういう機会がやってきます。そんな時にちゃんと、人を見る目ができていないといけません。

面接官になって初めて人を見る目を養っていきます、では、遅いんですね。ですから、第二新卒として採用担当に就こうと思ったら「人を見る目を養おう」と思えるかがポイントになります。

もちろん、最初から人を見る目がある訳ではないので、養っていければ良いんです。そのためには、徐々にで構わないので色々な人と付き合う機会を掴んで下さい。いつも付き合っている友人に、知り合いを紹介してもらうとかでも良いです。この人はどういう人だろう?と考えながら、見る目を養っていければ良いですね。

4.人にしつこくなれるか

人にしつこくなれるかというと「なんのこっちゃ!?」と思うかもしれませんが、内定を承諾させるためには、しつこさが求められます。といっても採用は異性との関わりにたとえられるように、駆け引きです。

異性もしつこくし過ぎると嫌がられますよね。それと同様に、「内定を承諾させる」という目的は高く持ちながらも、うまく駆け引きすることが求められますね。

第二新卒の転職に強いエージェント

採用担当の仕事の具体的なイメージはつきましたでしょうか?採用担当とひとくちに言っても、色々な仕事がありますよね。学生時代の採用担当のイメージは、人前でしゃべったり、応募者と話したりと、人と関わっていくイメージが強かったかと思います。もちろんそれらは重要なのですが、まずは、他人とのコミュニケーションを嫌がらない程度で良いですよ。小さなスタート地点からコツコツやっていけば良いんです。

あとは、情報収集したり勉強したり、人を見る目を養おうと思ったり、人にしつこくなれたりするか、こういったことが重要になってきます。採用担当って、思考と身体と心の3つを使うから思った以上に大変な仕事です。でも、採用の予定人数を満たしたり、求める人材が入社してくれたりした時の達成感は、採用担当じゃないと味わえません。

ぜひ転職に成功して、採用担当としてスタートを切って下さい!

最後に、20代前半の第二新卒におすすめのエージェントがありますので参考にしてみて下さい。

▼マイナビ

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20’s!!

マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)は、株式会社マイナビが運営する転職サービス。「20’s」という名前の通り20代・第二新卒・既卒向けの転職サービスになっています。利用料は無料です。

マイナビジョブ20’sは転職エージェントです。第二新卒であるあなた専任のキャリアアドバイザーが個別にカウンセリングを行い、あなたに見合った求人を紹介してくれます。応募手続き・面接日程を代行するのはエージェントならではの特典ですね。

マイナビはテレビやインターネットなどで広告を出していますから、知名度が高いです。マイナビは新卒や転職サービスの他、不動産やウェディングなど多彩な事業を行う大手人材サービス会社。

マイナビジョブ20’s は、知名度が高く、大手であることから安心感があります。エージェントを使う人事からも信頼が置かれていますので、求人も多数扱っています。

▼ジェイック

20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援を10年前からスタート!再就職ならジェイック!

ジェイックは20代の既卒・フリーター・第二新卒向けの転職エージェント。利用料は無料です。

ジェイックはマイナビほどの大手ではありませんし、CMもやっていないので第二新卒にとって知名度は低いかもしれません。ただし、大手に負けないほどのサービスがある会社です。

企業を紹介してくれるのは他のエージェントと同じなのですが、なんと書類選考なしで20社と面接することができます。「なかなか書類を通過しない」という第二新卒にとってはありがたい存在ですね。

しかもジェイックの強みはそれだけではありません!内定率が驚異の80%台という就活講座を受けることができるんです。

Follow me!

採用, 転職

Posted by erinanase