紹介予定派遣とは?メリットとデメリットを紹介

紹介予定派遣とは?

紹介予定派遣とは、派遣社員として働きながら正社員・契約社員を目指す働き方のスタイルです。

 

派遣社員として働きながら正社員・契約社員を目指せるのが、紹介予定派遣の特徴。一般的な派遣社員では、最低でも5年は働かないと直接雇用には至らない可能性が高いです。しかし紹介予定派遣なら、一定期間(最長6カ月間)が過ぎると正社員・契約社員の道が開けます。

 

ただし必ず正社員・契約社員になれるのではなく、双方合意の下でということになります。

 

 

紹介予定派遣は、こんな人におすすめ

・これまで派遣で働いてきたけれど、そろそろ正社員の道を考えたい

・正社員の求人を探したけれど、なかなか内定をもらえない

・就業先で働いてから、直雇用で働きたい

 

以上にあてはまる人は、転職先の1つに「紹介予定派遣」を入れてみてはいかがでしょうか。

 

紹介予定派遣で働くメリットおよびデメリットがありますので、参考にして頂ければと思います。

 

紹介予定派遣で働くメリット①「いったん働いてから就職できる」

紹介予定派遣で働くメリットは、いったん働いてから「その企業でずっと働いていけるか」を見極められる点です。いったん働いてから就職先を決められる訳ですね。

 

企業の風土、職場の雰囲気、人間関係が合わずに辞めてしまうことってありますよね。しかも、こういったことって、面接で聞きたくても聞けないことだったりします。

 

でも紹介予定派遣なら、働きながら正社員・契約社員を目指せるので就職時のミスマッチを減らすことができます。職場の雰囲気や人間関係、あるいはお仕事との相性など最長6カ月間で見極められるので、入社してみて「こんなはずじゃなかった!」を減らせます。

 

 

紹介予定派遣で働くメリット②採用のハードルが低い

紹介予定派遣のメリットとしては、実務経験が少なくても採用されやすい点です。つまり採用のハードルが低いんですね。

 

正社員と、契約社員や派遣社員などの有期契約の労働者との違いは、「期間の定めがあるかどうか」です。正社員ならば、労働法でしっかり守られているので、定年まで勤めることができます。しかし有期契約社員は契約満了で雇用されなくなったり、企業の都合で契約を打ち切られることもあります。

 

だからこそ、正社員の採用については、企業はしっかりと応募者の人物や、職歴を見てから判断します。将来性も重視しますが、「即戦力でどれだけ働けるか」を判断します。

 

だから正社員の採用のハードルは高いのですが、紹介予定派遣なら、多少経験が浅くても、企業は働きぶりを見てから採用するかを決めるので、採用のハードルは低いです。

 

 

紹介予定派遣で働くメリット③派遣会社が条件交渉をしてくれる

紹介予定派遣で働くメリットとしては、いざ採用!となった時に、派遣会社が条件交渉をしてくれる点です。応募者が直接、正社員応募をした場合、条件交渉は自分ひとりで行わないといけません。

 

仕事内容や賃金のこと、入社後の等級あるいはポジションなどはハッキリさせたいですね。「思っていたことと違う!」ことにならないようにするために、条件交渉が必要になる訳ですが、これが結構、難しいんですよ。

 

相手は条件交渉に慣れた人事担当ですから、下手な交渉術を使っても願いが叶いません。採用してくれるとはいっても、紹介予定派遣は双方合意の下なので、心象を悪くしてしまうと採用されないんじゃないか・・・と思ってしまいますね。ですからつい下手に出てしまいがちです。

 

そうならないためにも、条件交渉を派遣会社にしてもらえるのは、助かりますね。

 

 

紹介予定派遣で働くデメリット①企業が”合意しない”可能性がある

ここからは紹介予定派遣で働くデメリットについてです。

紹介予定派遣は、企業と派遣社員の双方合意の下で、採用が決まります。ということは、いくら派遣社員が「採用して下さい」とアピールしても、企業が合意しなければ採用されないということ。企業が合意しない可能性を考えておかないと、ふたを開けてみたら不採用となって落胆する・・・ということにもなりかねません。

 

職場の風土になじんでいるし、人間関係も悪くないし、仕事内容も自分に合っていそうだ。これなら「採用されるぞ!」と意気込んでも、派遣社員の片思いになることもあり得ます。

 

紹介予定派遣で働く人のスキルや経験が高く、すぐにでも正社員として働いてもらいたい!という人なら、採用される可能性は高いでしょう。しかし人並みであれば、企業も「やっぱりもう少しお金がかかっても正社員の方が良いかな」と思ってしまうかもしれないです。どんな理由で採用されないかは企業によって異なりますが、企業が採用に合意しない可能性があるのは、デメリットとして覚えておいた方が良いですね。

 

 

紹介予定派遣で働くデメリット②条件が下がる可能性がある

紹介予定派遣で働くデメリットとしては、「条件が下がる可能性がある」という点です。メリット③で「派遣会社が条件交渉をしてくれる」と書きましたが、当然、派遣社員の意向がそのまま通る訳ではありません。

 

やはり、派遣会社も1円でも売上が欲しいので、派遣社員の条件が下がってでも採用して欲しいと考えます。採用時には理論年収に係る紹介手数料がかかりますから、採用してもらった方が派遣会社としてはおいしい訳ですね。

 

それと、採用しようとする企業側が派遣社員に求めるレベルが高く、相手がその水準を満たしていない場合は、派遣会社としても無理に条件を上げるよう交渉することはできません。企業を納得させられないからです。

 

以上のことから、派遣会社がいくらがんばって交渉しても、条件が下がる可能性があることはあり得ます。「条件が下がる可能性」は、デメリットとして認識しておいた方が良いです。例えば6カ月間にわたって紹介予定派遣として働き、結果、条件が大きく下がってしまっては、「この6カ月間はなんだったのか!」ということになりかねません。

まとめ

紹介予定派遣で働くメリットとデメリットを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?転職先の1つに紹介予定派遣を考えるための参考にして頂ければと思います。

 

紹介予定派遣で働くメリットとデメリットをご覧頂き、「自分には譲れない点」を見出してみて下さい。例えば、「企業が合意しない可能性がある」ことが譲れない点であれば、紹介予定派遣は諦め、正社員応募をした方がご自身には合っていると思います。

Follow me!

転職

Posted by erinanase